ヒューマンポテンシャルについて
若者支援・ジョブサポーター

株式会社ヒューマンポテンシャルは2007年12月に『東京都若者ジョブサポーター』に登録されました。 現在ご就業されていない若年層の雇用支援をしております。 当社独自での教育プログラム『ヒューマンスキルアッププログラム』でスキル向上を図り、 個人個人の隠れた力を引き出し発揮する場を提供したいと考えております。

お仕事をお探しの皆様へ

ビジネスコミュニケーション研修プログラム

《研修後の期待効果》

1. 顧客満足の向上により、顧客からより一層の支持を得るようになる
2. 組織メンバーや顧客とのコミュニケーション上でのトラブルが回避できるようになる
3. 組織メンバー間のコミュニケーションが良くなると共にモチベーションが向上する
4. 相互尊重のコミュニケーションをとるためのセルフマネジメント力が向上する
研修No.
テーマ
項目 内容
No.1
ビジネスマナー
基本編


対象:新人
人数:20名/1クラス
所要時間:6時間
1)企業人・組織人とは
2)職場でのルール
3) コミュニケーションの3要素
4)ビジネスコミュニケーション
挨拶/返事/表情/身だしなみ/姿勢・動作
5)ビジネストーク
6)電話応対
企業のイメージアップのための「効果のツボ」についてメラビアン理論などを用いて説明する。ビジネスマナーの必要性について基本理論を押さえた上で、効果的な表現法の体得を促す。
No.2
ビジネスマナー
応用編


対象:新人
人数:20名/1クラス
所要時間:6時間
1)来客応対
2)訪問マナー
3)名刺の取り扱い・紹介の仕方
4)座席のルール
5)仕事のルール
6)仕事の基本
接遇の応用について学ぶコース。基本的なビジネスマナースキルを習得している方向けのもの。相手(顧客)に対するコミュニケーションと仕事の進め方についてフォーカスし、効率的に仕事を進めることができるよう促す。
No.3
コミュニケーション
基本編


対象:新人〜中堅
人数:20名/1クラス
所要時間:7時間
1)CS(顧客満足度)意識の重要性
2)自己の期待役割について
3)自己理解〜パーソナリティ診断
4)他者理解〜ディスカッション
5)コミュニケーション基本スキル
ラポールとは/ラポール形成演習
6)アクティブリスニング
環境設定/傾聴/承認
競争激化の中で勝者となるために、CS(顧客満足度)の重要性理解を促す。相手に対して自分がどうあるべきかについて考えるコース。顧客(相手)に対し、マニュアル的に対応するのではなく、心理状態を意識し真意をつかんだ会話が出来るようにトレーニングを行なう。
No.4
コミュニケーション
応用編


対象:中堅以上
人数:20名/1クラス
所要時間:7時間
1)CS(顧客満足度)への取り組み
2)自己の期待役割行動
3)相互理解
4)コミュニケーション応用スキル
環境設定/傾聴/承認/質問/提案
5)総合演習
CS(顧客満足度)に焦点を当て、相手のニーズやウォンツをつかみ問題解決に向けた、カウンセリング・コンサルティングの基本スキルを体得するよう促すコース。演習中心で進めていく。
No.5
セルフマネジメント
基本編


対象:全階層
人数:20名/1クラス
所要時間:7時間
1)ビジネスを阻害するコミュニケーション
2)ビジネスを促進するコミュニケーション
3)ビジネスの目的と自己の役割
4)3つの自己表現パターン
5)冷静に対応するための処方箋
6)総合演習
ビジネスを円滑に促進するための「相互尊重の自己表現法」について学ぶコース。ストレスフルな社会環境にある現在、セルフマネジメントは難しく、マイナスに働きやすい傾向にある。そんな中でマイナスをプラスに転換できる力をつけるよう促す。